2010年09月04日

中国VS米国、ロシア

中国の軍事予算拡大をうけて
ロシア、米国が警戒を強めています。

極端な予想ですが表題のように三国間で
戦争が起きても不思議ではない状況になってきました。

米国をはじめEU、ロシアが軍事予算を縮小する中
中国が予算を拡大して軍事大国になろうとしている背景は
明らかに世界第一位の軍事大国を狙ってのものです。
国民はおそらく反対しているのでしょうが
天安門のこともありますしおとなしくしていたほうが
身のためですから騒いでも仕方がないのでしょう。

あくまでも、素人の予想なんですが
中国が太平洋へ進出するときに
邪魔になるのが沖縄と台湾です。
それと、小さいけれど存在の大きい日本という国。
もし、世界に打って出る中国が
これらの邪魔な国を占領しようとすると
しようとしたら、あっという間に望みはかないます。
それほど中国は軍事力を強化しているのです。

日本にいて中国の実情は詳しくはわかりませんけど
かなりの確率で台湾沖縄は占領されそうな気がします。

そうそう、竹島問題ですが
捏造かもしれませんが、韓国で
終戦当時の日本海付近の地図が発表されました。
それによると竹島(独島)は、世界から
韓国領土として認められているそうです。
先ほどの米韓の軍事合同演習で
日本の自衛隊の幹部が招待されましたが
ここは、韓国と良好な関係を保つためにも
竹島は独島として認めたほうが
今後の中国の動向を予想するにつけ
いいのではないかと思います。
慰安婦問題とか強制労働とか
隣の国と関係悪化の時もありましたけど
時代は日韓の協力を要請しています。
第3の軍事大国ができる前に
堅固な防衛網を作っておかないと
いずれは支配されてしまう時が来るのではないでしょうか?

そうならないためにも
中国の動きには注意しておきましょう。
posted by gigshark at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。