2010年10月11日

気が付かない日本

は〜い、お疲れ様です。(笑)

中国の尖閣諸島問題で
どんなに日本で叫んでも中国には届きません。
いくら、日本の外交が弱腰といっても
日本政府には届きません。

そうなんです。

我々の怒りは誰にも届かないんです。
悲しいですね・・・・。
もともと尖閣諸島は日本固有の国土です。
と、日本国内でいってもねぇ・・・。

まぁ、自国の国土を他国にとられてしまうのを
好む国民はいないでしょうからね。
私もそれは嫌なんです。
嫌といっても武力で押し切られたら
嫌とは言えないのが普通の人です。
いくら日本の外交を弱腰と非難しても
それならば押し切って戦争になったら
誰が責任を取るのやら・・・・。
最悪の事態を避けたことであれは良しかと思います。
それが原因で中国に強引に領土を審判されても
世界中から批判を受けるのは日本ではないはずです。

しかし、何度も中国に煮え湯を飲まされているというのに
いつになったら日本という国は気が付くのでしょうか?
毒入り餃子は記憶に新しいですが
毒入り土鍋、毒入りおもちゃ、働く工場を
中国に建設され働き場所のない日本人は
それでも中国依存度を減らそうとはしません。
レアアースだけではありません。
食品も身の回りの品物も中国製品が山のようです。
ところで、この中国製品を
日本国産にすると今度は値段が高くなってしまうので
俄然生活が苦しくなります。
もっともその分企業からの税金が増えますから
生活自体は楽にならなければいけないのですが
純国産となったところで今回暴露された
赤字だった企業が実は黒字だったことも含めて
日本人自体の為体が治らない限り
今のまま中国依存度は減るどころか
増える一方なのかもしれません。

一時総中流階級と言われた日本人としてのプライドもあるでしょうが
10枚買う衣料品を我慢して国産品を5枚にするとか
食べるものも地方の農家が作った作物を食べるとか
おいしいものは食べれないでしょうけど
確実に輸入物より高価ですから量も減るだろうし
ダイエットにも効果的なのではないでしょうか?
今一度国産品の良さを見つめなおさないと
・・・というか、もっとグローバルな視点で
日本という国を見つめなおさないと
これからの日本は衰退の一途をたどるのは間違いないかと思います。

さらに言うと、レアアースの件で
日本の持てる技術を駆使して
レアアースの使用量を減らして同じ出力が出る
モーターを開発できたとかいうニュースを耳にしました。
これが、日本の本来の姿ではないでしょうか?
どこの国にもまねのできない技術力が日本にはあります。
他国へ依存するのではなく
国産の技術で日本という国を守っていくのが
日本人の努めかもしれませんね。
まぁ、どこの国もそうだと思うんですけど。
それを忘れてしまったのが今の日本かも知れません。
posted by gigshark at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々の更新、お元気だったと喜んでおります。

ともあれ、昔、日本がアメリカの土地を買い漁ったみたいに、今や中国の人々が日本の土地を買ってますからね。

その辺の事情も考えると、狭い国土の日本がグローバルに生き抜くタメには、より一層の技術革新と、国内での需要喚起以外に道はナイんですけどね。
Posted by koyuri at 2010年10月11日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165306164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック