2011年03月16日

我欲まみれの日本

東京都知事、石原氏の発言撤回。
さぁ、今日はこれから行ってみよう。
撤回した時点で知事選への欲が出ましたね。
天罰を押し通してこそ石原都知事と思いましたがね。
甚大な被害を受けた東日本のことはさておき
右往左往する政治家たちへの批判だったのでしょうが
世間人はそうは感じなかったみたいです。
まぁ、あの惨状を見て言うことではないと思いますが
今の混沌とした政治を見るにつけ出てしまった言葉でしょう。
石原都知事を擁護するわけではありませんが
なぜに、これを批判する世間人が買占めをするのか?
とても不思議な日本、日本人です。

さて、原発事故のことを最終的には人災と書きましたが
人の作ったものが人の手で制御できなくなり
災害となるのであれば人災と言わざるを得ません。
東電の人災ではなく広い意味での人災です。
原子力というエネルギーを制御できなくなり
暴走状態となれば原子力を手に入れた
人類による人類への人災です。
もちろん、東電の方々は生命をかけて
制御しようとしています。
最悪の事態にならないように命を懸けていることでしょう。
そういう人たちに責任を押し付ける人災ということではありません。
話はそれますが・・・
世の中便利になりすぎました。
もっともそれが現在の人類の文化なわけですが
自宅近辺が停電になって改めて思いました。
電気がなければ何もできません。
電気製品を買ってきてコンセントにつなげば
とても便利な物なんですが
使い慣れていくうちにそれが当たり前になってしまう。
身の回りのもので電気がなければ使えないもの。
ありすぎませんか?
電気の需要が高くなるのも必須です。
それ故に高出力の発電所を作るのは
先進国の宿命なのでしょう。
もし、原子力発電所がなくて
火力発電所ばかりだったら発電所から出る煙で
健康被害が起きているでしょうし
水力発電のためにダムを作るとしたら
山間の地域はダムの底に沈んでしまいます。
贅沢な生活になれしまった我々が必要とした
原子力発電施設です。
過剰な反応を示すマスコミにも世間は煽られ
東電を攻撃し続けるでしょうが
我々国民があまりにも電気に依存してしまった
事実も忘れてはなりません。
原発に対しての意識は今後過剰反応を示すでしょう。
新規の原発は無理かもしれません。
原発ができなければ火力、水力に頼ることなく
ほかの発電施設の開発をしていかないと。
風力、太陽光などできることは沢山あります。
それよりも、まずは日本国民が
我欲を捨て国全体のことを考えれるような
成長を遂げないといずれ同じことが起きるでしょう。

日本は天災で滅びるような国ではありません。

頑張ってください。
posted by gigshark at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。