2011年04月12日

あれから一か月

無くなられた方々のご冥福を願います。
また、行方不明の方々。
一刻も早く発見されることを望んでいます。

東北復興も進んでいます。
多くの方々の援助によって
それは確実に進んでいます。

異例のマグニチュードでしたが
余震の回数も異例なものとなっています。
最大の余震が一年以内に起きる可能性もあります。
準備だけはしておいてください。

備えあれば憂いなし

古くからの諺ですが

先人の知恵が詰まっています。
これを度外視したのが福島原発いや東電の上層部でしょう。
備えが不十分すぎました。
人災と言ってしまえば有害物質を浴びながら
被害を最小限に抑えようとしている
東電の社員の方々に申し訳ないです。
一部の方々の考えが足りなかったせいです。
いうのは簡単ですが
今回の福島産農作物の出荷停止。
国民が放射性物質で侵されないように
少しオーバーかと思うほど過剰な政府の反応。
これを少しでも福島原発に注いでいてくれたらと
思うと少なくはない憤りを感じます。

被害にあわれた方々には申し訳ないですが
確実に日本は平和ボケです。
日本は地震大国です。
まして太平洋側に地震の巣窟となる
日本海溝があります。
巨大地震。
いずれ起きるのは明白なはず。
それに対応できる備えが不十分すぎました。
地方任せの中央の体質があからさまになりました。

人任せの日本の危機管理。
仮想敵国の問題もしかりですが
米国に頼りすぎる日本は
仮想敵国に攻められれば一瞬で征服されます。
被害を最大限にしてから対処するのであれば
それは遅すぎる対応です。
こんな平和ボケの国でも自分の身は自分で守らないと
いつ何時何があるかわかりません。

防衛ではありませんが
防災準備だけはしっかりとしておきましょう。

備えあれば憂いなしです。
posted by gigshark at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195528355
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック