2016年09月17日

自制心

5年ぶりくらいでしょうか?

普通に生きております。(笑)

豊洲がどうしたとか、台風で多くの方々が犠牲になられてしまい
つま弾くニュースが心を逆なでています。

今までのことは後述するとして
自制心というものに言及してお話ししたいと思います。

日本では拳銃、銃規制が厳しいです。

でも、先日、二挺拳銃の輩が立てこもり事件を起こしたばかりですから
銃規制もどこへやらですね。
拳銃やライフルは今や簡単に手に入れることができるということでしょう。

そうです。

人を殺すことができる道具は身の回りにたくさんありますし
その気になれば、今すぐにでも殺人行為はできるのです。
銃によるものでなくても、銃によるものでもです。

米国で銃規制に反対する団体がいますが
利権によるもの、そうでないものに二分されます。
銃を持っていても自制心で人を殺す道具にならないと思う人が
いるのを忘れていけないと思います。

最近のニュースを見ていると
銃で殺しあう情報もありますが
ほんの少しの感情の起伏で人を殺してしまう・・・
そういうニュースが多いような気がします。

もちろん、感情の起伏で簡単に人を殺してしまうような人間に
銃を持たせてしまったら数えきれない人を殺害してしまうでしょう。
でもそれは、結果論のような気がします。

少なくともある程度の自制心があると感じている
私が拳銃を所持していたとしてもパワハラ満載の上司を
すぐさま殺害してしまうようなことはないでしょう。
自制心があるからこそ殺人を起こさないわけであり
自制心失ってしまっては、人を殺すことなど平易なわけなんだと思います。

自制心を養うことなく育ってきた人間にはわかろうはずもないでしょうけど・・・

自制心を養う訓練があるのですが
幼少期にしか効果はありません。

心は、子供のころに決まってしまうようです。

つまり、自我芯が芽生えるときに自制心も育つということでしょうか?
永遠のテーマなのかもしれません。

では。またの機会に・・・
posted by gigshark at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。