2016年09月23日

不正

正しからず。

正しいことをしていない。

VW傘下のアウディも同様のことをしていたらしいニュース。
毒を食らわば皮も肉も骨もですか?
何を信じて消費者は消費していくのでしょうか?

話は突然変わる?のですが
NHK朝ドラの「とと姉ちゃん」ではないですが
商品試験を行う団体が必要な気がします。
コストパフォーマンスを追求するあまり
安かろう売れればよかろうの企業体質がまかり通る
今の世の中を切り裂く団体企業が出現することを望みます。

リサイクルショップで働いているのですが
あまりにもお粗末な商品が多いんです。
たとえば・・・
本日扱ったアンパンのブランコ付のジム滑り台。
ブランコの取り付け部分がプラスティックで
どう考えてもある程度使っていたら
劣化は否めない構造です。
子供の安全を考えもしない設計商品化がそこにはあります。

・・・まるで、アカバネです。(笑)

こういう商品を扱っていると
っていうか。こういう商品が消費者が知らないまま
何万円も使って結局はありもしない姿で
今も子供たちの遊び道具として使われいることに
心が痛みます。
ですから。商品試験は相当の期間と人的な努力が必要なのです。
ドラマではほんの数分で終わってしまうことなのですが
実際行うとなると時間的な費用対効果というものは
とてつもなく低いということがわかると思います。

でもね・・・
これって誰かがやらないといけないことなんですよ。

あーーー。
どこかで見た気がしますが
鉄の断裂試験をとてつもない時間をかけて行っている
試験場があったような気がします。
結果が出たころにはもうすでに世の中に出回っているんでしょうけど
こういう時にこそタイムマシンがあったらと思います。

燃費試験は実用的な試験より±5%くらいが許容範囲と思います。
燃費試験がより実用的なものに変更されれば
誤差はどんどん少なくなると思うのですが・・・

なんか・・・悲しい世の中ですね。
posted by gigshark at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442194305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。