2016年11月13日

必要ない装備

お疲れ様です。

高齢者の自動車事故が取り沙汰されていますが
オートマでなくてマニュアルだったら
はたして事故は起きていたのでしょうか?

自動的にシフトアップ・・・
アクセルを踏むだけで楽に走れる車。
アクセルとブレーキの踏み間違いが
大きな事故につながっているのでは・・・
左足を全く使わない運転が人の脳に与える影響は無い?
・・・のでしょうか?

自動ブレーキなんか必要ないですし
オートクルーズなんぞも必要ありません。
まして、自動運転機能なんか・・・。

車を運転するには責任が必要なんです。
事故を起こさないように車を人がコントロールしなければ
いけないんですよ。

知ってました?

だから免許が人ようなんです。

車自体が安全を司るものではないんです。
そうあってはいけないんです。
車をコントロールするのは人間ではなくては
いけないんですよ。

ブレーキとアクセルを踏み間違える人は
車を運転してはいけません。
いついかなる時でもそういうことがあってはだめです。

本人が気が付かないでは済まされません。

他人を巻き込んでからでは遅すぎます。
なので・・・、日々運転自体に自分で課題を与えないと・・・
車を毎日運転していると慣れてきて
当たり前に思うことでも人にとって見れば
とても危険な運転をしているのですよ。

パートナーがいれば一緒にドライブするのもいいでしょう。
「飛ばしすぎ」・・・「怖かった」・・・「危ない!」など
一つでも自分の運転にケチ?を付ける言動があったなら
自嘲した運転を心掛けなければ大きな事故につながるような気がします。

レースをしている人の話を聞くと
実は公道を走ることが一番怖いといいます。
レースに関しては同じ方向へ走っている、同じ目的で走っている
同じルールで走っているのですが
公道では誰がどういう思いで走っている(車を運転してる)のかが
全く分からないですし、脇道から何が(子供が)いつ飛び出してくるのか
わからないからこそスピードは控えめにするそうです。

300kmでレースをしている人でさえそうなのですから
そういう経験がない我々はもっと危険な運転をしてはならないですし
危険察知もままならない運転能力しかないと思って
運転しなければならないのではないのでしょうか?

まして。判断能力が劇げ燃する年齢になったのなら
自ら運転免許証返納もありなのかなと思います。

いや・・・、年齢ではなく能力低下を感じたら・・・です。

そういう、免許更新テストがあってもいいのかな?
・・・と、思う今日この頃です。
posted by gigshark at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

NHK受信料

全くもって納得がいかない。
NHKの受信料金ですが・・・
NHK見てもいないのになんで?

・・・でしょ!?

国営放送だから、法律だから・・・とか?
国営放送・・・?
北朝鮮ですか?
法律・・・?
選択の自由はどこへ消えたの?

見てないんだから受信料金?
ありえないでしょ!?

最高裁まで争うくらいの社会問題ですよ。
国民が納得していればこんな大きな問題にはならないはず!
なぜ、ここまで問題が大きくなったのか?
誰もが納得していないからでしょう。

つまらない放送を垂れ流しにして
企業度威力もしない国営放送に汗水流したお金を払うのが
日本に暮らす国民の義務なのでしょうか?

NHK滅ぶのは時間の問題化と思う今日この頃です。

っつ〜か・・・無くなっちまえ〜的な思いです!!
posted by gigshark at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

不正

正しからず。

正しいことをしていない。

VW傘下のアウディも同様のことをしていたらしいニュース。
毒を食らわば皮も肉も骨もですか?
何を信じて消費者は消費していくのでしょうか?

話は突然変わる?のですが
NHK朝ドラの「とと姉ちゃん」ではないですが
商品試験を行う団体が必要な気がします。
コストパフォーマンスを追求するあまり
安かろう売れればよかろうの企業体質がまかり通る
今の世の中を切り裂く団体企業が出現することを望みます。

リサイクルショップで働いているのですが
あまりにもお粗末な商品が多いんです。
たとえば・・・
本日扱ったアンパンのブランコ付のジム滑り台。
ブランコの取り付け部分がプラスティックで
どう考えてもある程度使っていたら
劣化は否めない構造です。
子供の安全を考えもしない設計商品化がそこにはあります。

・・・まるで、アカバネです。(笑)

こういう商品を扱っていると
っていうか。こういう商品が消費者が知らないまま
何万円も使って結局はありもしない姿で
今も子供たちの遊び道具として使われいることに
心が痛みます。
ですから。商品試験は相当の期間と人的な努力が必要なのです。
ドラマではほんの数分で終わってしまうことなのですが
実際行うとなると時間的な費用対効果というものは
とてつもなく低いということがわかると思います。

でもね・・・
これって誰かがやらないといけないことなんですよ。

あーーー。
どこかで見た気がしますが
鉄の断裂試験をとてつもない時間をかけて行っている
試験場があったような気がします。
結果が出たころにはもうすでに世の中に出回っているんでしょうけど
こういう時にこそタイムマシンがあったらと思います。

燃費試験は実用的な試験より±5%くらいが許容範囲と思います。
燃費試験がより実用的なものに変更されれば
誤差はどんどん少なくなると思うのですが・・・

なんか・・・悲しい世の中ですね。
posted by gigshark at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

豊洲問題

お疲れ様です。本当にお疲れ様です。

タイトル通りなのですが
まだまだ解決は先のような気がします。犯人探しをしていて
どうなるのでしょう?個人にこの問題を解決できますか?
何十億円かかりました、弁償してくださいですか?

今問題なのは、いつ移転できるかなのではないでしょうか?

物件下の空間に染み出たと思われる地下水をどうするか?
今後問題なく市場が運営できるかを協議するのが
早期なのではないのかと思っております。
地下水が染み出てこないように
コンクリートを厚手に地下床面に盛り付けて
地下水の浸水を防ぎ、雨水が地下へ洩れて行ったのなら
くみ上げるシステムを構築するのが先決のような気がします。

移転がキャンセルされとオリンピックへも影響が出ますから
移転は確実に行われるものと考えて今後どうするか考えなくては
いけないでしょう。

何せ、東京都民の台所を預かる市場ですから
安全第一と考えるなら加えてオリンピックの成功を
考えるのなら移転を最前提と考えるのが
今後の東京の向かう先だと思います。

何の専門知識もありませんが
何を最優先するのかが最優先なのかと思います。

酔っぱらいの爺様の独り言です。

では、また・・・。
posted by gigshark at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

お疲れ様・・・

お疲れ様です。
ほんとにお疲れ様です。

さて、今日は誰かとお話をしましたでしょうか?
あいさつではないですよ。
少なくとも込み入ったお話をしましたか?

毎週、おふくろの所へ買い物を
お付き合いするために伺うのですが
私がいない間は
「まるで坊主の修行のごとく
毎日無言の業をしているみたいだ」ということを
話しておりました。
すでに配偶者、つまりは私とっての父親は
すでに他界しており一人暮らしなのですが
話し相手もあらずまんべんなく一日を過ごすのが
日常だと申しておりました。

核家族という言葉が一人歩きをして
しばらくたちますが、一人暮らしが
さみしさを助長してはいないでしょうか?

まとまった家族で過ごす日常と
どうにでもなる一人暮らし。
先日も投稿したのですが
自制心というものはこういうところから
生まれ、育っていくものではないでしょうか?
家族いうものは血のつながりこそあれ
個々の考えはまた違うものなんだと思います。
外的な要因や積み重ねてきたもの
そして、時代観念なんぞが人の心の中を
縦横無尽に動き回り、血はつながっていても
考え方はまるで違う血族ができても不思議ではないと思います。


意外と、こういう血族が育った環境で育つと
自然と自制心が芽生えるような気がします。

独りよがりですが・・・


大勢の人間に囲まれて意見の交換が
ある小さな世界に住んでいる幼少期が
その後の自制心に結びつくものだと思っています。

あくまで、独りよがりですが・・・・

大家族で育つことが
未来を託す子供を成長させるのかもしれません。

大家族で生活を共にする。

太古の昔から
普通に、人間が営んできた暮らしなんですけどね・・・。


最後に、久しぶりの投稿と
酔っぱらいながらの投稿なので
誤字脱字はご勘弁を・・・
いやいや、年だろうという声も聞こえますが・・・・

では、またの機会に・・・
posted by gigshark at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

自制心

5年ぶりくらいでしょうか?

普通に生きております。(笑)

豊洲がどうしたとか、台風で多くの方々が犠牲になられてしまい
つま弾くニュースが心を逆なでています。

今までのことは後述するとして
自制心というものに言及してお話ししたいと思います。

日本では拳銃、銃規制が厳しいです。

でも、先日、二挺拳銃の輩が立てこもり事件を起こしたばかりですから
銃規制もどこへやらですね。
拳銃やライフルは今や簡単に手に入れることができるということでしょう。

そうです。

人を殺すことができる道具は身の回りにたくさんありますし
その気になれば、今すぐにでも殺人行為はできるのです。
銃によるものでなくても、銃によるものでもです。

米国で銃規制に反対する団体がいますが
利権によるもの、そうでないものに二分されます。
銃を持っていても自制心で人を殺す道具にならないと思う人が
いるのを忘れていけないと思います。

最近のニュースを見ていると
銃で殺しあう情報もありますが
ほんの少しの感情の起伏で人を殺してしまう・・・
そういうニュースが多いような気がします。

もちろん、感情の起伏で簡単に人を殺してしまうような人間に
銃を持たせてしまったら数えきれない人を殺害してしまうでしょう。
でもそれは、結果論のような気がします。

少なくともある程度の自制心があると感じている
私が拳銃を所持していたとしてもパワハラ満載の上司を
すぐさま殺害してしまうようなことはないでしょう。
自制心があるからこそ殺人を起こさないわけであり
自制心失ってしまっては、人を殺すことなど平易なわけなんだと思います。

自制心を養うことなく育ってきた人間にはわかろうはずもないでしょうけど・・・

自制心を養う訓練があるのですが
幼少期にしか効果はありません。

心は、子供のころに決まってしまうようです。

つまり、自我芯が芽生えるときに自制心も育つということでしょうか?
永遠のテーマなのかもしれません。

では。またの機会に・・・
posted by gigshark at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

いかがお過ごしですか?

未曾有の大災害となってしまった
東日本大地震でしたが、被災者の方も含めて
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私、被災の少なかった地方に住んでいますので
お気楽に聞こえるかもしれません。
しかし、被災の多い少ないにかかわらず
気に病んでいることは確かです。
奇しくも、先日日本海中部地震が起きた日が来ました。
その時に友人が亡くなっていますから
今現在被災されている方々の気持ちはわかっているつもりです。

自然災害というものは
人の計り知れないところがあります。
地震が起きたとき震源が日本海の場合は
津波が起きないという過去の事例から
浜辺へ避難して津波にさらわれてしまった
小学生たちのことを思うと
悲しさでいっぱいになります。

あれから二十数年が過ぎました。

その悲しみも消えないうちに
またしても同じ気持ちになっている人たちがいます。

実は自分自身ものすごくいろいろありまして
診断の結果、うつ病と判明しました。
早朝に目が覚めてしまい、死にたいと思う日が続いています。
でも、あの時の衝撃から比べれば
今の気持ちは少し穏やかです。
友を失った悲しみよりも今は穏やかなんです。
仕事のことがほとんどなのですが
今の日本でこれから生きていくには不安なんですよ。
私よりも若い人たちのほうがそう感じているかもしれません。
いくら前向きに考えてもポジティブに考えても
どうにもならないことも世の中には沢山あります。
それを一つでも多く知ることができたということが
自分の人生の中で大切なことのような気がします。

どうにかしようという気持ちが
結局犯罪になってしまうのであれば
どうにもならないことを一つでも多く知っておいたほうが
世のため、自分のためのような気がします。

暗い文章で申し訳ないですが
久しぶりの投稿はこの辺で終わらせていただきます。

次回はなるべく明るい話題で
記事を書きたいと思っています。

でわ、おやすみなさい。
posted by gigshark at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

あれから一か月

無くなられた方々のご冥福を願います。
また、行方不明の方々。
一刻も早く発見されることを望んでいます。

東北復興も進んでいます。
多くの方々の援助によって
それは確実に進んでいます。

異例のマグニチュードでしたが
余震の回数も異例なものとなっています。
最大の余震が一年以内に起きる可能性もあります。
準備だけはしておいてください。

備えあれば憂いなし

古くからの諺ですが

先人の知恵が詰まっています。
これを度外視したのが福島原発いや東電の上層部でしょう。
備えが不十分すぎました。
人災と言ってしまえば有害物質を浴びながら
被害を最小限に抑えようとしている
東電の社員の方々に申し訳ないです。
一部の方々の考えが足りなかったせいです。
いうのは簡単ですが
今回の福島産農作物の出荷停止。
国民が放射性物質で侵されないように
少しオーバーかと思うほど過剰な政府の反応。
これを少しでも福島原発に注いでいてくれたらと
思うと少なくはない憤りを感じます。

被害にあわれた方々には申し訳ないですが
確実に日本は平和ボケです。
日本は地震大国です。
まして太平洋側に地震の巣窟となる
日本海溝があります。
巨大地震。
いずれ起きるのは明白なはず。
それに対応できる備えが不十分すぎました。
地方任せの中央の体質があからさまになりました。

人任せの日本の危機管理。
仮想敵国の問題もしかりですが
米国に頼りすぎる日本は
仮想敵国に攻められれば一瞬で征服されます。
被害を最大限にしてから対処するのであれば
それは遅すぎる対応です。
こんな平和ボケの国でも自分の身は自分で守らないと
いつ何時何があるかわかりません。

防衛ではありませんが
防災準備だけはしっかりとしておきましょう。

備えあれば憂いなしです。
posted by gigshark at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

復興

必ず復興します。
それは間違いありません。
先の地震で甚大な被害を受けても
東北人は必ず復興を成し遂げます。

大きな悲しみ、不安はありますが
以前の地震で莫大な被害を受けても
東北は復興を成し遂げてきました。
地震の巣窟の日本に住んでいるということは
天災、地震と戦うことでもあります。
これは、東北のみならず
日本全国民が意識を持っていることと思います。

そういう意識を持っているからこそ
今回の地震も先の神戸の時も信越の時も
協力し合って復興を成し遂げてきました。
原発の不安はいまだに払拭できないところもあるんですけど
電気の復旧も見えてきましたし
沈み込んだ気持ちの中にも光明が見えだしています。
西日本の方々の協力がなければ
ガソリン、灯油の需給も難しいところでした。

私のところは
被災も少なく、不便は強いられていますが
通常の生活に戻りつつあります。
今の私にできることは普通に生活することです。
奪い合いとか買いだめとかしなくても
必要な物だけあれば人は生きていけますから。
必要なところへ物資の供給ができるように
ごく普通に暮らすことが被災地へ物資が届く
手助けになっているものと考えています。

少しの募金と普通に生活すること。
お金はないし、食べるものも多くはないけど
これが私の普通の生活ですから。
できることなら被災地へ向かって
救済したいです。手伝いたいです。
でも、足手まといがいいところでしょう。

もう少し待てば地震前の暮らしに戻れると思います。
これも日本国民の協力のおかげだと思います。
あとは、甚大な被害を受けた地域が
復興に向けて前進することを望みます。
posted by gigshark at 20:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

我欲まみれの日本

東京都知事、石原氏の発言撤回。
さぁ、今日はこれから行ってみよう。
撤回した時点で知事選への欲が出ましたね。
天罰を押し通してこそ石原都知事と思いましたがね。
甚大な被害を受けた東日本のことはさておき
右往左往する政治家たちへの批判だったのでしょうが
世間人はそうは感じなかったみたいです。
まぁ、あの惨状を見て言うことではないと思いますが
今の混沌とした政治を見るにつけ出てしまった言葉でしょう。
石原都知事を擁護するわけではありませんが
なぜに、これを批判する世間人が買占めをするのか?
とても不思議な日本、日本人です。

さて、原発事故のことを最終的には人災と書きましたが
人の作ったものが人の手で制御できなくなり
災害となるのであれば人災と言わざるを得ません。
東電の人災ではなく広い意味での人災です。
原子力というエネルギーを制御できなくなり
暴走状態となれば原子力を手に入れた
人類による人類への人災です。
もちろん、東電の方々は生命をかけて
制御しようとしています。
最悪の事態にならないように命を懸けていることでしょう。
そういう人たちに責任を押し付ける人災ということではありません。
話はそれますが・・・
世の中便利になりすぎました。
もっともそれが現在の人類の文化なわけですが
自宅近辺が停電になって改めて思いました。
電気がなければ何もできません。
電気製品を買ってきてコンセントにつなげば
とても便利な物なんですが
使い慣れていくうちにそれが当たり前になってしまう。
身の回りのもので電気がなければ使えないもの。
ありすぎませんか?
電気の需要が高くなるのも必須です。
それ故に高出力の発電所を作るのは
先進国の宿命なのでしょう。
もし、原子力発電所がなくて
火力発電所ばかりだったら発電所から出る煙で
健康被害が起きているでしょうし
水力発電のためにダムを作るとしたら
山間の地域はダムの底に沈んでしまいます。
贅沢な生活になれしまった我々が必要とした
原子力発電施設です。
過剰な反応を示すマスコミにも世間は煽られ
東電を攻撃し続けるでしょうが
我々国民があまりにも電気に依存してしまった
事実も忘れてはなりません。
原発に対しての意識は今後過剰反応を示すでしょう。
新規の原発は無理かもしれません。
原発ができなければ火力、水力に頼ることなく
ほかの発電施設の開発をしていかないと。
風力、太陽光などできることは沢山あります。
それよりも、まずは日本国民が
我欲を捨て国全体のことを考えれるような
成長を遂げないといずれ同じことが起きるでしょう。

日本は天災で滅びるような国ではありません。

頑張ってください。
posted by gigshark at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

物資供給

ガソリンが無くなっています。
まぁ、緊急でもないのに仕事へ行かなければ
いけない方もいらっしゃるでしょうから
ガソリンスタンドでは奪い合いみたいなことが
始まってすでに地下タンクからレギュラーガソリンが
無くなってしまったガソリンスタンドも
出てきている状態のようです。
奪い合いと書きましたがきちんと順番に並んで
礼儀正しく並んで給油していてもそう感じます。
本来であれば、差支えのない会社は
事態が落ち着くまで休業したほうがいいと思います。
緊急車両のためにガソリンを蓄えておいたほうが
捜索や緊急事態のために動く車に
潤沢にガソリンが供給できますから。

コンビニやスーパーでは
気の利いた店主がいるところや
本社からの通達によって
一人あたりの個数制限が行われているところもありました。
でないと買占め状態となるからでしょう。
東日本、特に太平洋側は非常事態です。
日本海側は地震での被害は少なかったのですが
ガソリンや食料品に関してはお年寄りも多い地区もありますから
物資供給が早急に潤沢になるように祈るばかりです。

企業の休業ということでは
計画停電で都心の駅前が混乱してしまいましたが
もしほとんどの企業が休業していれば
これほどの混乱はなかったものだと思います。
もっとも、不景気真っ只中ですから
安易に休業できないのも解かります。
ただ、もしほとんどの企業が休業したとして
被災地で自分も被災しながら
行方不明者の捜索や避難所でボランティアしている
人たちと変わることもできるかなと思えば
会社が休業しなくても有給とかで
現地のお手伝いができるんじゃないかと思います。
実家の母親が心配で実家へ向かう途中、
そばにある自衛隊基地から高速へ向かう
自衛隊の車両を見ながらいろんなことを考えました。
できれば一緒に行きたいのだけれど
訓練を受けていない自分は言ったとしても
邪魔になるだけだとか・・・。

とにかく、被災者の方々のこれからを考えると
いたたまれない気持ちです。
わずかながらポイントサイトで今までのポイントで
義援金を寄付させていただきました。

先ほど、石原東京都知事が
天罰発言をしたというのを
NETNEWSで見ましたが
批判もあるでしょうが
物欲にまみれた政治に対しての発言のようです。
物議を醸しだすこととは思いますが
腐敗した頼りない政治を繰り返す日本に対して
天罰としたら犠牲になった方々は人柱になります。
原発の事故も問題を抱えています。
原発のニュースを聞くにつれ
地震の影響もありますが最終的には人災?のような
気がします。
それにしても発電所が停電すると致命的なのも
そもそもおかしな話で万が一に備えて
燃料や不測の事態の備えて万全の態勢を
保ち続けるのが危機管理というものではないでしょうか?
もし、これが不十分だったとしたら
人災と世間が思うのは不思議ではないでしょう。

ガソリンに関しても無くなってから
備蓄分を放出するのではなく
あらかじめ供給が滞るのはわかっていましたから
震災が起きた時に決定するような
国民を考えた政策を直ちにしてもらいたいものです。
後手後手の政治、政策は国民の不信感を煽ってしまいます。

最後になりましたが
外国から見ると礼儀正しい国民のような日本人ですが
大きくは取り上げられていませんが
あちこちで略奪事件も実際は起きています。
おそらくは「たのしい道徳」の授業をさぼった
小学校レベルで脳知育が止まった大人だと思いますが
世界が注目している大惨事の今、
恥をさらすことになるのでやめてください。

とにかく、被災されてしまった方々に
何もできない自分の非力さを痛感しています。
大きな悲しみの中ですが
復興に向けて一歩一歩進んでいただくよう
頑張っていただきたいと思います。
posted by gigshark at 00:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

東日本大震災

ご無沙汰しています。
まさか、久しぶりの書き込みが
生存報告になろうとは・・・。

すさまじい地震でした。
日本海側にいる私にも
長い揺れ大きな振幅には
普通の地震でないことはわかりました。
数多い日本の地震層までも誘発するくらいですから
かなりの巨大地震だったことがわかります。

岩手、宮城ではかなりの被災者が出ているようで
ご心配されている方々もいらっしゃることと思います。
こちらへ単身赴任でいらしている方も
実家のほうが仙台のほうということで
心配されている心情が痛いほどわかります。
すぐにでも当地へ向かいたいはずですが
道路も寸断されている状況でそれもかないません。
何よりも携帯電話、固定電話ともに不通の状態ですから
確認も取れない状況が続いています。

停電状態が続いていましたし
NETにもつなげられない状態でしたので
被害状況がいまいちわからず
ラジオのみでの情報でしたから
津波が起きることは想定していましたが
新聞が届いてこれほどの津波とは
想像もできませんでした。
電気が使えるようになり
テレビを見たら
各地、特に太平洋側の海沿いの地域は
壊滅的な打撃を受けているようです。

亡くなられた方、行方不明の方
生存確認が取れない方も含めると
かなりの方々が被災されてしまったと思います。
もちろん生存されても家屋がなくなり
車もなくなり途方に暮れている方々も
想像できない数だと思います。

幸いにも私は被害は極小でしたので
助かりましたが、
被災者の方々にはなんと声をかけていいやら・・・。

福島原発も気になります。
震災から人災にならなければいいのですが・・・。

まだまだ、余震が続いています。
ほかの地震層も誘発していますから
地震情報に注意してください。

末尾になりましたが
震災で死亡された方々のご冥福をお祈りします。
posted by gigshark at 11:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

存在記事

お久しぶりです。

題名からも分かるように
生きてます。(笑)

尖閣問題からしばらく経ちますが
いかがお過ごしでしょうか?
今年の冬は雪が多いですね。
雪のみならず寒波もすごいものがあります。
大みそかに渋滞にはまってしまった方々は
せっかくの新年なのに残念だったと思います。

その前には
北朝鮮の愚行がありました。
同胞の島へ砲撃を繰り返して
しまったということでしたが
北と南、いつまで続くんでしょうね。
最近韓ドラを見ていまして
なんか、韓国が好きになってきた
自分としては早く統一国家が
できてほしいと思う次第です。
韓ドラの俳優の方々が傷つくのは嫌ですからね。

なんでも中国が
世界第二位の経済大国になったとか?
日本の方々は地団駄を踏んだことでしょうけど
もう何年も前から経済大国日本はどこへやら
借金大国ですからね(笑)
いまさら、どこが経済大国一位だろうが
破たん国家にならないように
そちらに気を使ってほしいものです。

ここで、少子国家となってしまった日本ですが
お金をもらえるからと言って
子供を作ろうと思う夫婦はどれだけいるんでしょう?
考えたらわかりますよね!?
経済的に苦しいから子供を作らないのではなくて
子供はいらないんです。
それぞれの事情があってね・・・。
もっとも、いつ打ち切りになるかもしれない手当を
あてにして子供を作れるわけがない。
ただの、国民に対してのご機嫌取りでしょう。
借金で首が回らない国のやることではありません。
児童手当はいりません。

そういえば、日本国のパフォーマンス的な
無駄な税金をカットするっていう・・・
なんでしたっけ?
あれ、あれですよ。
使うだけ使ってこれからカットしたって
足りない財源をどうやったら減らせるんですか?
減らすことより増やすことを考えてくださいな!
法人税の削減もありでしょうけど
すべての法人から税金を減らしても無駄です。
国内生産拠点の日本国民がどれだけ働いているかで
削減割合を決めたらいいかと思うんですけど?
海外生産拠点がほとんどの法人税を減らしても
意味がないんじゃないですかね?
考え方としては減った法人税分を
設備投資とかに回せる?
従業員の福利厚生に使える?
日本の経済が活性化?
海外拠点が多ければそちらへ流れてしまうのは必須。
それをわかっていて消費税を上げようとする。

最近の日本という国は
矛盾だらけです。
関税廃止も有りかと思いますが
特定の日本の製品は守るべきかなと思います。
農業を国が推進してきて
かなりの期間、サラリーマンに負担をかけて
守ってきた米問題ですが
いきなり放り出されたら(といっても放り出されてますけど)
農家の人はたまったもんじゃぁないです。
それこそ、農業従事者も減るでしょうね。
そして、自給自足の割合もとんと落ちます。
海外で天候不順で農作物ができなかったりしたら
日本は飢え死にです。

その中で私は自給自足してますけどね。
スーパーへ野菜を買いに行くより
畑へ野菜を取りに行くタイプですから。
米は玄米で保存中です。
ただ、最近土地が痩せてきました。
春になったら土を耕して肥やしてやらないと・・・

すべての動物は餌を探して行動しています。
人間も動物の仲間ならば
食料を確保するために動くべきなのです。
それが、自然と共に生きるということです。
なぜか、いつのころからか
お金を稼ぐために動く人間になっちゃいましたね。
そのころから人は破滅へ向かってしまったのでないでしょうか?

あ!?
偉そうなタイトルですね?
生存記事にすればよかった。(笑)
posted by gigshark at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

真相を暴け

こんばんわ。

いま日本は経済的にかなり厳しい状況です。
GDPはどんどん落ち込んでしまうし
海外では日本のトップ企業の車が
リコール続きで世界中に面目なしの状態です。
こういう危機的な状況を打破するためには
これ以上、世界ともめていてはだめだという判断です。
まして、取引で日本最大の取引先となっている
中国とこれ以上喧々諤々となってしまっては
泣きっ面に蜂なんです。
そこへきて、尖閣問題が起きてしまいました。
流出したビデオを誰が見ても中国漁船が
日本の巡視艇にぶつかってきています。
明らかに中国漁船が悪いわけですが
この事実を国民に知られたら暴動が起きると判断しました。
これくらいで暴動?
日本人の中国に対しての怒りは
今回の問題だけではないんです。
さらに、中国に対しては
尖閣問題以前にすでに怒り心頭状態なんです。
そこへきて尖閣問題の漁船衝突。
政府が一番恐れているのが
歯止めのきかなくなる国民なんです。
すでに尖閣問題が起きてから
中国人がいる幼稚園や
企業に対して、中国大使館での事件やら
起きていますからこのビデオを公開したら
いまついている火種が燃え盛るのは
時間の問題だと判断して
ビデオを国家機密として扱うことにしました。
ところが、この情報が漏れてしまいました。
尖閣漁船衝突ビデオ流出事件です。
尖閣問題が(漁船衝突事件)が下火になってきたからいいようなものですが
これが事件の最中なら
おそらくは一番中国人のいる
横浜中華街で暴動が起きていたかもしれません。
そして、その地の横浜はAPECが開かれるところです。
世界の目を気にしてしまっている日本政府は
そのことを一番恐れているのです。
ただし、漁船衝突ビデオは国民の感情をあおることなく
まるで漏洩させた本人が英雄のように扱われ
一時の感情が日本国民から消えたのは
不幸中の幸いです。
そもそも、ビデオの内容を見ると
国家機密レベルの内容か?という疑問が起きてきます。
機密レベルを高くしなければいけない理由が
そこにはあったと思うのが普通かと思います。
今の日本の世界における
立場的な問題や最終的に行われる
APECのことを考えると
すべてが一本の線につながってしまうと考えるのは
稚拙な考えでしょうか?

というような三流小説が
あっても不思議ではないと思う
今日この頃です。
posted by gigshark at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

尖閣問題

おはようございます
こんにちわ
それとも?こんばんわ
読まれる時に上記のあいさつを選択してください。(笑)

厳重な管理のもと保管されていたはずの
尖閣諸島での衝突事件のビデオが流出しました。
sengoku38という方の投稿らしいのですが
はたしてその人物の素顔とは?

まぁ、誰でもいいんですけどね。
おそらくは管理職クラスでないことは確かでしょう。
現場でのいたたまれない人物が思い浮かびます。
現場での事実を国民に知ってもらいたかった。
・・・のだと思います。
そして、なぜに政府の役人が見るまで
公開しなかったのか?
そこに、この人物の正義?が見え隠れします。
すでにビデオ自体を持っていたのなら
事件から日を待たずして公開していたのではないでしょうか?
中国漁船にぶつけられずに傍観していた巡視船の映像を見れば
おそらくは誰とて現場と上層部との亀裂がわかるやもしれません。

以上、勝手な推測です。(爆笑)

さて、これを見た一般の会社の役員の方々は
何を思うのでしょうか?

「やっぱり、中国漁船が悪い」
「政府の機密を公開した人間が悪い」
「日本政府の管理の仕方に問題がある」
「流出させた人間の罪は重い」
・・・などなど思うところがあると思います。
しかし、気づくところはそこではないような気がします。

いくら厳重に管理しても
上層部に不満を持っている現場があれば
会社の機密、情報はいくらでも漏れてしまうのです。
別に、部下たちの顔色をうかがっていなさいということではありません。
キャリア組の方々は現場を知らずして
もしくは、現場の経験を浅くして管理職になられた方が
多いのではないでしょうか?
よしんば、現場の経験が豊富であろうと
今の現状とかけ離れた経験なのではないでしょうか?
その方々が現場を知らずして命令を下しても
現場の人間たちは納得して仕事をしていません。
・・・と、思います。
部下の方々を理解していないと
コミュニケーションを充分にとっていないと
現場を仕切ることは無理なような気がします。
もちろん、直下の部下に任せきってしまうのも
無責任といえば無責任でしょう。

いつも思うのですが
営業成績の良い社員がよく出世をします。
でも、その営業成績のよかった社員が
管理能力に長けているとは思いません。
もしかしたら、営業力がゼロでも
管理能力がずば抜けている人もいるはずです。

実力主義とは名ばかりの
日本企業が衰退していくのも時間の問題のような気がします。
飛躍しすぎかもしれませんが
いずれこの事件の後であまたの会社の管理職の方々が
気が付いた会社は活気が出てくるでしょうし
今回の事件を蚊帳の外のことと感じている管理職の方がいるところでは
何も変わらないでしょう。

日本政府も気が付いてほしいですし
日本企業も気が付いてほしい。
そして、何よりも情報の少ない中国で
捏造された中国政府のお仕着せの情報に
流されてしまっている中国人に
いや、アジアの方々に気が付いてほしいと思っています。

以上、小さいことを大きな問題にしたがる
gigsharkの独り言でした。
あ!?
小さいことではありませんでしたね。
日本政府を揺り動かす大きな事件でした。

では、おやすみなさい・・・zzz
posted by gigshark at 02:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

気が付かない日本

は〜い、お疲れ様です。(笑)

中国の尖閣諸島問題で
どんなに日本で叫んでも中国には届きません。
いくら、日本の外交が弱腰といっても
日本政府には届きません。

そうなんです。

我々の怒りは誰にも届かないんです。
悲しいですね・・・・。
もともと尖閣諸島は日本固有の国土です。
と、日本国内でいってもねぇ・・・。

まぁ、自国の国土を他国にとられてしまうのを
好む国民はいないでしょうからね。
私もそれは嫌なんです。
嫌といっても武力で押し切られたら
嫌とは言えないのが普通の人です。
いくら日本の外交を弱腰と非難しても
それならば押し切って戦争になったら
誰が責任を取るのやら・・・・。
最悪の事態を避けたことであれは良しかと思います。
それが原因で中国に強引に領土を審判されても
世界中から批判を受けるのは日本ではないはずです。

しかし、何度も中国に煮え湯を飲まされているというのに
いつになったら日本という国は気が付くのでしょうか?
毒入り餃子は記憶に新しいですが
毒入り土鍋、毒入りおもちゃ、働く工場を
中国に建設され働き場所のない日本人は
それでも中国依存度を減らそうとはしません。
レアアースだけではありません。
食品も身の回りの品物も中国製品が山のようです。
ところで、この中国製品を
日本国産にすると今度は値段が高くなってしまうので
俄然生活が苦しくなります。
もっともその分企業からの税金が増えますから
生活自体は楽にならなければいけないのですが
純国産となったところで今回暴露された
赤字だった企業が実は黒字だったことも含めて
日本人自体の為体が治らない限り
今のまま中国依存度は減るどころか
増える一方なのかもしれません。

一時総中流階級と言われた日本人としてのプライドもあるでしょうが
10枚買う衣料品を我慢して国産品を5枚にするとか
食べるものも地方の農家が作った作物を食べるとか
おいしいものは食べれないでしょうけど
確実に輸入物より高価ですから量も減るだろうし
ダイエットにも効果的なのではないでしょうか?
今一度国産品の良さを見つめなおさないと
・・・というか、もっとグローバルな視点で
日本という国を見つめなおさないと
これからの日本は衰退の一途をたどるのは間違いないかと思います。

さらに言うと、レアアースの件で
日本の持てる技術を駆使して
レアアースの使用量を減らして同じ出力が出る
モーターを開発できたとかいうニュースを耳にしました。
これが、日本の本来の姿ではないでしょうか?
どこの国にもまねのできない技術力が日本にはあります。
他国へ依存するのではなく
国産の技術で日本という国を守っていくのが
日本人の努めかもしれませんね。
まぁ、どこの国もそうだと思うんですけど。
それを忘れてしまったのが今の日本かも知れません。
posted by gigshark at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

中国VS米国、ロシア

中国の軍事予算拡大をうけて
ロシア、米国が警戒を強めています。

極端な予想ですが表題のように三国間で
戦争が起きても不思議ではない状況になってきました。

米国をはじめEU、ロシアが軍事予算を縮小する中
中国が予算を拡大して軍事大国になろうとしている背景は
明らかに世界第一位の軍事大国を狙ってのものです。
国民はおそらく反対しているのでしょうが
天安門のこともありますしおとなしくしていたほうが
身のためですから騒いでも仕方がないのでしょう。

あくまでも、素人の予想なんですが
中国が太平洋へ進出するときに
邪魔になるのが沖縄と台湾です。
それと、小さいけれど存在の大きい日本という国。
もし、世界に打って出る中国が
これらの邪魔な国を占領しようとすると
しようとしたら、あっという間に望みはかないます。
それほど中国は軍事力を強化しているのです。

日本にいて中国の実情は詳しくはわかりませんけど
かなりの確率で台湾沖縄は占領されそうな気がします。

そうそう、竹島問題ですが
捏造かもしれませんが、韓国で
終戦当時の日本海付近の地図が発表されました。
それによると竹島(独島)は、世界から
韓国領土として認められているそうです。
先ほどの米韓の軍事合同演習で
日本の自衛隊の幹部が招待されましたが
ここは、韓国と良好な関係を保つためにも
竹島は独島として認めたほうが
今後の中国の動向を予想するにつけ
いいのではないかと思います。
慰安婦問題とか強制労働とか
隣の国と関係悪化の時もありましたけど
時代は日韓の協力を要請しています。
第3の軍事大国ができる前に
堅固な防衛網を作っておかないと
いずれは支配されてしまう時が来るのではないでしょうか?

そうならないためにも
中国の動きには注意しておきましょう。
posted by gigshark at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

暑さは続くよ、どこまでも・・・

おこんばんわ〜

暑いですね。
最近少しイラついています。
いったい、いつまで続くんでしょうね、この暑さ!
一説によると、9月も10月も続くとか?

まぁ、イラついているのは
暑い天候のせいだけではないのですが・・・

日銀介入、政府介入動いてくれてますが
抜本的に国内の景気見直しをしないと
エコポイントやらエコカー減税やらの二の舞かと
そうそう、その前にいろんなことをやりましたけど
結果的に何も変わっていない現実。
にわか景気に沸く人々もいらっしゃるようですが
結局は増税の末路が待っているような気がします。

増税反対なんですが
これだけお金をばらまけば
誰でも、どこでもお金が不足するのは
火を見るより明らかではないでしょうか?
そんなにお金持ちでしたっけ?

暑さといえば、実家の畑の作物がこの暑さで
かなりのダメージを受けていまして
収穫が思わしくなくこの冬はひもじい思いを
するかもしれません。

暑さもひと段落・・・
不景気もひと段落するのは
まだまだ先のようです。

しかし、暑いですね・・・。


あ、そうそう
暑いときに「暑い」と言ったら
罰金というゲームがあったんですが
もうすぐ9月ですから
暑い天気のことはなるべく書かないようにします。(笑)

posted by gigshark at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

あんた!ばかぁ〜!?

驚きの日本国内です。

まずは、政治不信による円高。
ほんと日本て国はまとまりがない。
民主党が与党となっても派閥がまとまりを許さない。
いつのころからか政治が不安定になってきている。
外の国からみれば何もできない状態に見える。
ここぞとばかりに、円売りが始まるってわけ!?
売るのが多ければ安くなるのが相場ですから
誰かが円買いしなければ円は高くなりません。

誰が買うの?

これだけ政治が不安定で
借金だらけの国の通貨をさ・・・。
はい。
日本の国しかありません。
日本の国のお金を使って買える人は?
今日本に居ないんですよ。
どうすんの?
輸出している企業が全部なくなってから
円安になってもしょうがないんじゃないの?
その上、海外で生産して輸入したほうが
トータルで企業のもうけが出るなら
どこの企業もそうするだろうし
ますます、日本での工業生産は地の底に落ちていくわけ。

行方不明の老人の話じゃないけど
年金をもらうために?生きていることにして
あり得ないパチンコ攻略法とか
人から預かったお金を横領するとか
日本国民が全部そうなっちゃうような気がするのは私だけ?
いや、そうしないと生きていけない国になりつつある?
ひょっとしてこの国日本は?

いや、もうまじめに働いて
定年を迎えて年金生活はいるってのが
不可能な国なんだね。

そう。

自分がよければいいと思う人間が
蔓延っている国なんだから。

最近、人助けしたことありますか?
最近、寄付したことありますか?
っていうか、それさえも逆手にとって
一儲けしようとする輩が居るんで
油断はできませんけどね。

なんか、ほんとバカばっかりの国に
なってきたような気がするんですけど・・・。
国の事業だけでなく公務員も仕訳が必要かな?
あ、ちなみに民生委員なんて関係ないからね。
今回の行方不明老人の件は・・・。
あくまでもお上の仕事だから。

あ〜もう!
毎日が苛立ちの連続です。
でも、私には関係ないと思っている人もいるからね。

情けない国、日本。

そのうち、世界中の笑いものになっちゃうね。
そうならないようにしないといけないんだけどね。
やっぱり、戦争で負けた国なんだよね。
ま、しょうがないか・・・・。

自虐史観にくれるgigsharkなんだけど
全国民が何かに気がつかないと
日本という国の終わりが確実に近付いて
来ているような気がするんだよね。

何かに気がつかないとね。
もちろん、政治家の先生たちもだけど。

posted by gigshark at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

夏の暑さ

暑いですね。

毎年のことですが
夏は暑いんです(笑)
ただ、その暑さが「っぱねぇ!」ってとこでしょうか?(爆)
テレビでは『今年の暑さは異常ですね!』とか
言ってますけど・
・・
確か・・・去年も同じようなことを言っていたような気がします。

まぁ、世間さまは
エアコンの涼しさに慣れているので
外へ出たときの暑さが異常に感じられるかもしれませんが
(もっとも統計学上からも年々暑くはなってますが)
エアコンのない私の子供時代から
夏といえば『今年は暑いですね』が夏のあいさつの
決まり文句でもあったわけで・・・・

それよりもなによりも
人の体が環境に順応できなくなっていることのほうが
異常気象よりも気になるところではあります。

人は火を使って闇を切り裂き文明というものを
発達させましたが今や電気が火の代わりになりつつあります。
子供のころに夢に見た21世紀が始まって
10年経ちましたが、これから加速度をつけて
文明は進化し続けるでしょう。
20世紀までは火の時代でした。
それ以前にも土器、石器の時代がありましたが
長く続いた火の時代は終わりを告げようとしているのかも
しれません。『火』って熱いですからね・・・。
地球温暖化も当たり前のことかな?(笑)

氷河期には火で暖をとり生きながらえた人間ですが
温暖期?にはどう対処していくのでしょう?
エアコンですか?だから電気の時代ですかね?
そうやって、人間の本来持っている環境に対応できる体を
自ら蝕ませているように感じるのは私だけかもしれません。

いやもはや、体温調整ができる本来の保温動物では
なくなってきているのが人間なのかもしれません。
よしんばできないとしても工夫すらできない人間が
たくさん増えてきているのではないでしょうか?

そのために、ヒートアイランド現象
グローバルな視点で見れば地球温暖化なわけです。

さて、次の時代は・・・・
予想通り電気の時代なのか?
はたまた、地表の氷がすべて解けて
水の時代がやってくるのか・・・・
見届けることは無理でしょうけど・・・・
確実に火の時代は終焉を迎えるようです。
posted by gigshark at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。